shop blog

アクタス・六甲店 アクタス・六甲店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒657-0864 兵庫県神戸市灘区新在家南町1-2-1 サザンモール六甲内
TEL
078-854-1351
OPEN
11:00~19:30 / 不定休
back

Posts Tagged ‘アクタス六甲’

アクタス50周年アニバーサリーイベント

「大アクタス博1969-2019-Beyond50」

12月7日~15日 9日間に渡りアクタス六甲店内にて開催致します。

 

1969年に7人で始めた小さな北欧輸入家具店から現在までのエピソード

50年分の写真・グラフィック・商品・グッズ・映像を使ってご紹介いたします。

また、『現役スタッフ700人が好き勝手に考えたアクタスの未来予想図』と

『あの人と語るこれからのアクタス』という映像コンテンツでは、

100年目に向かうアクタスの姿をご覧いただけます。

 


 

50年分のアクタスのすべてをお見せします!

アクタス六甲店へのご来店お待ちしております。

是非お越しください♪

 

101灯の灯り展、最後の照明のご紹介です!!

 

■100. Flos【 K Tribe F3 outdoor】
KTRIBE
フィリップスタルクがFLOSの為にデザインした人気シリーズの【K TRIBE】のアウトドア版です。
繊細に織り込まれたシェードから漏れる光が木漏れ日の様で美しい照明です。
■101. Flos  【 Ipnos outdoor】
IP
アルミ製のスリムなフレームを持つ、LED光源のアウトドアフロアライトです。
シンプルかつスタイリッシュな構造で、アーティスティックなデザインです。
お店の展示のように、中に植物を飾ったりして楽しんで頂けます。
 本日で、『101灯のあかり展』が最終日となります。
これだけ沢山の照明を一同にご覧頂ける最後の機会です。
是非、ご来店下さい!

いつもアクタス六甲店のブログをご覧いただきありがとうございます。

毎年、大好評の『クリスマスリース作りのワークショップ』を開催します!

自分で作る、オリジナルのリースで今年のクリスマスを迎えませんか?

是非、ご参加下さいませ!

お客様のご来店、お待ちしております。

unnamed

『森のナチュラル クリスマスリース作りのワークショップ』

開催日:12月7日(土)

開催時間:11時30分~13時/14時30分~16時

場所:アクタス六甲店

参加費:4000円+Tax

定員:各回10名様ずつ

 

ご興味のある方はお電話か店頭までお問合せ下さい!

(アクタス六甲店 TEL:078-854-1351)

 

あかり展 残り3日となりました。

NO96 BIRDY TABLE

「BIRDY TABLE」の画像検索結果
 

1952年にデザイナーBirger Dahlがデザインした『Birdy バーディ』

その名の通り鳥の立ち姿をイメージして作られたシリーズです。

細身の真っ直ぐなボディと、くちばしのような丸みを帯びながらも

直線で構成されたシェードとの対比が際立つデザイン。

Northern Lighting(ノーザン)_Birdy(バーディ)Table
 

可動領域が広く、本を読む時などは

鳥がそっと顔を寄せるように手元を照らしてくれます。

 

 

NO97 LAMPE GRAS NO205


 

スチールの無骨な印象が魅力的なテーブルランプです。

1921年にデザイナーBernard-Albin Grassがデザインしたオフィス用のランプ。

 


 

シンプルかつ人間工学に基づいたデザインで時代を先取りしていました。

公共スペースと住宅の双方の場で採用される歴史上最初のランプとして人気を博した

LAMPE GRAS NO205

ランプには一切のビスも溶接も用いていません。

 

奥深い灯りの世界。

残り数日です。

是非遊びにいらしてくださいね。

 

101灯のあかり/写真付き

 

 

№90|CESTTITA BATERIA(セスティタ バテリア)

a72e0976f5614fd93c4e
BATERIAは充電式なので電源ケーブルいりません。

そして、どこからみてもスイッチが見えないデザイです。

しかも!!3段階の調光ができます。

持ち運びが出来るので、デザイナーのMiguel Miraはスペイン語で「バスケット」と名付けたようですよ!

c3c349e914d5c8c043e1

 

1962年に発表されたCESTAはなんとなく、日本の行灯を思いおこすような、合理的な機能性と職人の技術がつまった照明です。

 

247b08d3ee9234c41015

 

お次は№91 GIRA(ジラ)

この照明は個人的に「101灯のあかり展」の中で私が一番欲しい★と思った照明です。

この照明、佇まいが美しいだけではなく、実は機能も凄いのです!

アームはベース根元より360度回転します。
7f8710348ee694afea05
支柱をまっすぐに立てたら、サイドボードの上のテーブルランプに。

 

03f2357f746df57b1b9b
傾けたらタスクランプに。

 

533a818ec596de2d4154
さらにシェードの傾きを変え光の欲しいスポットに照らすことができます。
24ba87ced3dba2165012
壁面を照らしたりする間接照明としても使えます!

こんな風に色々なシーンで使えるGIRAはスペイン語で「動き」という意味があるそうです。

1978年に発表され、世界中で数々の賞を獲得し称賛を得ました。

実は私と同い年のこのランプ(笑)我が家に来る日は近いかな!?

 

最後にお知らせです★

「101灯のあかり展」はあと6日で終わりです。(スタッフとして寂しい。。。)

そして最後のセミナーとして

11月30日(土)11:30~12:30まで照明コンサルタントの資格を持つアクタススタッフによるインテリアのプロが、暮らしに上手に照明を取り入れる方法をお教えします。

ご興味がある方は是非、お申込み下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

みなさまこんにちは!

本日は101灯のあかり展より、084と085の照明をご紹介いたします。

084.BELLHOP

IMG_9902

キノコのようなかわいいフォルム。。

こちらの照明は新しいロンドンデザインミュージアムのレストランのテーブルランプとしてデザインされました。

充電式なので、いろんな場所に気軽に持ち運びできます。

なんと3時間のフル充電で最長24時間の点灯が可能なんです。(100%の明るさで点灯時は6時間になります)

また、4段階に設定された調光スイッチにより、100%から3%まで明るさをコントロールすることができます。

落ち着いた優しい光はベッドサイドやバルコニーでのリラックスタイムなどのシーンにもオススメです!

 

085.GAKU

IMG_9912

こちらの一見照明かな?と思うデザイン。。

あの有名な佐藤オオキ氏が率いるnendoがデザインした照明なんです。

四角いフレームを額縁に見立て、照明や小物を組み合わせて使う照明器具です。

高さを調節できるペンダントライトは、フレームの内側に吊下げる「Wire」タイプと、

フレームの下に設置する「Wireless」タイプと2通りの使い方ができます。

 

IMG_9906

こちらは「Wireless」タイプ。

充電機能を備えており、必要な場所にコードを気にすることなく持ち運ぶことが可能です。

 

IMG_9914

こちらは「Wire」タイプ。

額を壁に掛けたり棚に置くことで、好きな高さで照らすことができます。

また、花器やミラーなどの小物もそろえられているので、空間に合わせて

カスタマイズしても楽しいです。

fnp_gaku

まだまだたくさんの照明が紹介されます!

ぜひお気に入りを探してみてくださいね♪

 

101灯のあかり/写真付き

 

 

11/30(土)11:30より開催される あかりセミナーの紹介です。

アクタス 照明コンサルタントの資格を持つスタッフによる灯りセミナーになります。

y072

インテリアの中でも、選ぶ際に非常に迷われるアイテムになると思いますが、

部屋の雰囲気に合えば非常にオシャレになるアイテムの一つです。

インテリアのプロが、暮らしに上手に照明を取り入れる方法をお伝えします。

101灯の灯り展 最終のイベントになります。

参加費は無料なので、ぜひこの機会にご参加を‼

参加ご希望のお客様はこちらよりお申込み下さい→参加申し込みフォーム

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

本日も101の灯りをご紹介いたします。

秋も深まってきました。ソファでゆっくりと読書を楽しんだり、テーブルでお食事を囲んだりと夜長を楽しむのが最適な季節になって参りました。

064 TRIPODE G5



 

布製のセードと、細い棒状の支柱との組み合わせがとてもシンプルで美しいフロアランプです。

光は上下に拡がり、上方の光は天井を照らし、空間の広がりを演出します。

脚の内部にコードを通しており、すっきりとしたデザインがより引き立ちます。

光のグラデーションがとても美しいスタンドランプです。

065 TMM



 

スペインデザイン界の傑作の一つに数えられる「TMM」は1961年、スペインを代表する工業デザイナー、Miguel Milaによるランプです。

セードは、支柱に取り付けた固定リングで高さの調整ができますので、適切な位置から照らすことが可能です。

耐熱性、耐水性、耐油性のある丈夫で張りのあるパーチメントという紙を使用しています。

電源コードがプルスイッチになっており、コードを直接引くことで点灯/消灯を行うユニークな機構を採用しています。

 

066 LAMPE GRAS NO215

ソース画像を表示
NO.215は、灯具の高さを自由に変えられる1350mmスタンドバーを持つフレキシブルなフロアースタンドです。

本構造にネジや溶接を一切使用しない独自の構造を備え、特にアーム、柄、ブラケット、ベースのデザインそしてディテールは全く独創的であり、その時代を超える革新的なものでした。

 

いずれも読書灯やお部屋のアクセントとしてとても魅力的なアイテムです!ぜひこの機会にアクタス六甲店へお越しください。

 

本日の101オススメ照明のご紹介させて頂きます!!

 

 

55  Louis paulsen. AJ floor
aj
円と直線のラインを直角と斜角で組み合わせたストレートな表現は、
ヤコブセンの建築デザインにも共通する要素です。
1957年に、コペンハーゲンのロイヤルホテルの為に
テーブルランプ、ウォールランプとともにデザインされました。
56  Louis paulsen.  YUH MARBLE BASE
lp5
シェードは傾斜、回転、上下移動するフレキシブルなメカニックを備え、
理想的な位置に光を向けることが可能なため、
リビングルームやワークプレイス等で効果を発揮します。
LEDは15-100%で調光可能で、タイマー機能も備えています。
57  Le Klint.  SNOW DROP
le
自然に咲くスノードロップ(マツユキソウ)の姿からデザイン。
アーチを描く茎の先に、可憐な白い花を下向きにつける様子を表現しています。
創業当時から続くハンドワークならではの美しい光と影をお楽しみ頂けます。
まだまだ、たくさんの照明がご覧になって頂けます!
皆さまのご来店をお待ちしております!!
 

101灯のあかり展、no.051~053のご紹介です。

no.051  【H-F SERIES】

こちらの照明は遠くからも、近くからも、

ぜひ覗き込んで見てほしい。

見る角度が違うだけで、色んな表情が楽しめるそんな照明です。

 

IMG_1455

横から見る。

 

IMG_1515

真下から見る。

1960年代から1970年代にかけて、デンマーク ハンス・フォルスガード社にて

製造されていた北欧の傑作照明です。

大小の菱形が連続して形づくられたシャープなフォルムが特徴です。

 

北欧らしい灯りが光の彫刻のような美し い陰影となり、

とっても綺麗でなんだか虜になりつつあります。

昼も夜も見ていて全く飽きません。

 

 

さて、続いては、こちら。
no.052 【HOPE】

IMG_1461

こちらに使用されているフレネルレンズは、

フランスの物理学者オーギュスタン・ジャン・フレネルによって

台の照明用に発明された集光レンズです。

沢山の研究と試作を重ねて実現したポリカーポネート製のフレネルレンズはとても軽く

屈折つした光はまるでクリスタルシャンデリアのように輝きます。

住宅だけでなくホテルや商業施設にも適していて、

圧倒的な存在感のある空間になること間違いなしです。

こちら、《illusion》ブースにて展示しています。

布に当たってる感じも幻想的で魅力的な光の反射もぜひ見て頂きたいポイントです。

 

続きまして、こちら。

no.053【PH80】

IMG_1457

おなじみのフォルムですね。

ph80フロアランプは、ポールヘニングセンの生誕80周年を記念して発表され、

 

それ以来、世界中から愛され続けています。

赤色のシェードから、ふわっとした赤みがかった反射光が優しい空間へと演出してくれます。

この世に誕生して長い間、愛され続ける佇まいは、和でも洋でも馴染む、

一家に一台欲しい灯です。

 

 

明日からもまだまだ、紹介は続きます。お楽しみに。

そして、ぜひこの機会にアクタス六甲店へお立ち寄りくださいませ♪

お待ちしております。

 

101灯のあかり/写真付き

back
to TOP