ACTUS(アクタス)

shop blog

アクタス・六甲店 アクタス・六甲店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
*ペット同伴可(抱っこやキャリーバッグ、 ペットカートに入れた状態に限り)
ADDRESS
〒657-0864 兵庫県神戸市灘区新在家南町1-2-1 サザンモール六甲内
TEL
078-854-1351
OPEN
新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、営業時間の変更・休業の場合がございます。最新の営業状況はこちらをご覧ください  
back

Posts Tagged ‘観葉植物’

皆さま、こんにちは。

梅雨に入り、ジメジメした日が続いていますね。

家の中までも蒸し暑く、快適に過ぎしづらい今の時期、

置くだけで気持ちがパッと明るくなる観葉植物がオススメです。

image_6483441 (10)

 

しかし観葉植物は置きたいけど、綺麗な飾り方が分からない!

という方も多いのではないでしょうか。

今回はそのお悩みを解決すべく、飾り方のコツを伝授致します!

image_50460673

植物を飾る上で最も大事なことは、

似た植物を並べて置かないこと、

葉色・形の違う植物を、高低差を付けて置くことです。

image_6483441 (11)

白のベンチにグリーンは映えますね。。

ベンチの上に飾られている観葉植物4種は全て葉色・形が異なります。

全く異なる植物なので、一つ一つがしっかり主張している一方、

後ろに背の高い植物が置かれていることで、

バラバラ感はなく、バランス良く置かれています。

高低差をつけることで、奥行を出すことも出来ますので

ウッドスタンド等であえて高さを出してあげることもオススメです。

 

もう一つ重要なことは、鉢の色・トーンを合わせることです。

image_50419969

この写真ではバスケットタイプの鉢で統一しており、

ナチュラルで優しい印象を与えてくれます。

これがもし、黒の鉢とバスケットの組合せだと、

鉢にミスマッチ感が生まれ、悪目立ちしてしまいます。

個人的なオススメとしましては、

材質やカラーは合わせて、形の違う鉢を並べて置くことです。

統一感を出せる、尚且つマンネリ感を減らしてくれます。

 

最後にハンギンググリーンの飾り方についてです。

image_6483441 (12)

ハンギンググリーンの飾り方のコツは、

ずばり、高低差です!

複数の植物を同じ高さから吊るしてしまうと、

何か物足りなさ、吊るしているだけ感が出てしまいます。

高さを変えてあげるだけで、印象がかなり変わるので是非お試しください。

形が異なる植物を吊るしてあげると、よりきれいに飾れます。

image_6483441 (13)

最近では簡単に取り付けができるハンギンググリーン用の天井フックが

ネットやホームセンター等で購入が出来ますので、

是非ハンギンググリーンも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

葉色の濃淡や葉の形・柄、伸びる方向等、様々な植物が存在します。

組合せを考えながら植物を選ぶのはとても楽しいです。

是非そのような観点から植物を探されるのもオススメ致します。

その他にもグリーンに関するご質問等、受け付けております。

是非気軽にお問い合わせください。

 

皆さま、こんにちは。

5月も下旬に差し掛かり、半袖で過ごす日も増えてきました。

新しい環境にも慣れ、4月と比べれば自分の時間が

作れるようになった方も多くなったと思います。

暖かい気候になり、私たちが活動しやすくなっている今、

植物にとっても生長期となります。

そこで本日は、植物のお手入れ時に是非使って頂きたい

便利なグッズを紹介致します。

 

IMG-2923

まずアクタスで新たに展開されたバイオゴールドシリーズのご紹介をします。

バイオゴールドとは、

植物のある暮らしをより豊かにするための有機肥料・天然活性液・用土のブランドです。

創業当時から環境に配慮しつつ、効果もしっかり出る製品にこだわっています。

今回バイオゴールドシリーズで展開を開始したのは、

観葉・多肉植物の土・液体肥料・活性剤2種の計5商品です。

 

液体肥料や活性剤は水で薄めて使用するものですが、

化学成分でのみ作られている一般の化学肥料に対し、

有機成分を含むもしくは有機成分から出来ているため

使用量を誤っても大きな問題にはつながりません。

また、有機成分を含んではいますが、

コバエが周りを飛ぶこともあまりありませんので、

虫が苦手な方でも安心して使用して頂ける商品となっております。

 

IMG-2931

植物を育てるために最も大切なのは何か分かりますか。。。

 

それは土です。

バイオゴールドの土は天然素材100%で出来ており、

有機物は不使用の為、見た目が美しく、虫の寄り付きも軽減されます。

また有機物が入っていないことから土の質が低下することもなく、

植替えのたびに繰り返し同じ土を使用することが可能です。

水はけも非常に良く、水が溜まることがないので、

植物にとってもストレスフリーな土と言えます。

先程ご紹介しました、液体肥料と併せて使用することで、

イキイキと生長すること間違いなしです!!

 

IMG-2933

最後に霧吹きのご紹介です。

植物を育てる上でとても重要なのが葉水です。

葉水をすることで、害虫の防止や光合成の促進等、メリットは沢山あります。

植物を元気に育てるのに、毎日葉水の時間を取ってあげることをお勧めします。

そこで、今回はアクタスでお取り扱いのある霧吹きをご紹介します。

ご想像される霧吹きはどのようなものでしょう。

プラスチックでできた、ザ・園芸用のようなものを

ご想像された方が多いかと思います。

しかし今回ご紹介するグラススプレーは、

名前の通りガラスでできているおり、軽くくすみのあるノズルも相まって、

とてもインテリアとして映えるデザインとなっております。

この霧吹きを使うことで毎日の葉水が楽しくなるかもしれませんね!

 

 

今回ご紹介しましたメンテナンスグッズはいかがでしたか。

他にもご紹介出来なかった便利な商品が沢山あります。

アクタスの商品で、植物の生長期を楽しみましょう!

 

気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

皆さま、こんにちは。

4月となり過ごしやすい季節となりましたね。

春から新生活を迎えている方も多いかと思います。

そんな新生活にアクタス六甲店から観葉植物のご提案です。

 

只今六甲店ではPOP-UPイベント、植物図鑑を開催しております。

IMG-2273

今回第3弾となる植物図鑑では、『愛』『健』『豊』『幸』の

4つのテーマにちなんだ花言葉を添えて展示をしております。

IMG-2283

花言葉があるので贈り物にもピッタリです!

5月9日(月)までの会期中、普段お店に並ばないような

珍しい植物を沢山取り揃えておりますのでぜひお越しください。

 

今回はその植物図鑑で展示中の植物の中でも

特にスタッフがおすすめの植物をご紹介致します!

IMG-2887

 

1.アフェランドラ・ダニアシルバー

IMG-2865

こちらの植物は、何といっても葉が特徴的です。

ご覧の通り色が白く美しいのはもちろん、

葉の表面がでこぼこしており、躍動感さえ感じます。

色自体は優しい白い葉をしておりますが、

可愛い植物と言うよりは、黒いポットと合わせてシックな印象で飾ることをおすすめします。

観葉植物を既に育てているお客様にもオススメです。

育てているの緑の中にアフェランドラの白い葉を並べ、

お部屋にアクセントを出してみてはいかでしょうか。

 

2.ヒメココスヤシ

IMG-2895

ヤシ科の植物はおよそ3000種にも及ぶと言われております。

そんなヤシ科の中でヒメココスヤシは

最も繊細でエレガンスな印象を受けます。(私が認知している中ではになりますが。。)

細く尖った葉はヤシ科の植物の特徴ではありますが、

その中でも特に細い葉をしており、頂上から放射状に育つ羽状葉の曲線が魅力的です。

また小さいサイズの植物や樹木に「ヒメ」と名付けられることがありますが、

ヒメココスも同じで生長しても180-200㎝程で止まり、

置き場所を選ばないところも良いですね。

置くだけで南国気分に浸れるヒメココスヤシ、是非おすすめです。

 

3.クロトンスクルキー

IMG-2888

3つ目は色鮮やかな葉が特徴のクロトンの1種です。

スクルキーは黄色く細く捻じれた葉が特徴です。

これから夏にかけて流通が盛んになり、寒さが少し苦手な植物です。

葉の模様の付き方がまばらで、真っ黄色の葉から、

緑と黄色が混じって木漏れ日のように見える葉まで

沢山の表情を見せてくれます。

日を沢山当ててあげるのが育てる上でのコツです。

日が足りないと緑の葉しか生えてこなくなるのでご注意を。。

 

4.アロエプリカティリス

IMG-2891

最後4つ目は園芸名「乙姫の舞扇」と呼ばれるアロエプリカティリスです。

アロエ特有のトゲが無く、園芸名通り美しく上品な姿が魅力的です。

長くべろのような葉を左右交互に出しているのが扇のようです。

黒のポットと合わせてかっこよく飾るのも1つ、

白の陶器のようなポットで洗練された感じに飾るのも1つ、

様々な表情を見せてくれるので、人気のインテリアグリーンです。

また大きく育つと、夏から秋にかけて橙赤色の花も咲かせることもあります。

 

今回のご紹介はいかがでしたでしょうか。

植物図鑑では今回ご紹介させて頂きました以外にも

珍しい植物や、特徴的な植物を沢山取り揃えております。

この機会にお気に入りの観葉植物を見つけて

是非新年度、新生活にお迎えしてみてはいかがでしょうか。

 

植物に関してのご質問は随時受け付けております。

育て方や取扱植物の確認等、気になることがございましたら、

ご質問をお待ちしております。

皆さま、こんにちは。

3月に入り、コートがいらないほど暖かい日も増えてきましたね。

 

本日は、六甲店で開催予定のPOP UPのご紹介です!

なんと、『植物図鑑』第3弾が開催されます!!

IMG-2273

開催期間は3月19日(土)~5月9日(月)ですのでこの機会に是非、ご覧くださいませ。

前回の植物図鑑とはまた少し変わった植物を展示しております!

第3弾の植物図鑑では、『愛』『健』『豊』『幸』の4つのテーマにちなんだ花言葉を添えて

展示をしております。

花言葉があるので贈り物にもピッタリです!!

 

今回は、その中でも特に珍しい植物のご紹介です。

 

No.1カランコエ・ベハレンシスミニマ

IMG-2194

花言葉「たくさんの小さな幸せ」

星の形をした花を無数に集合して咲かせることや、

品種によっては花の形が釣鐘型をしていて、

幸せを運ぶベルに見えることなどに由来しています。

IMG-2240

原産地の乾燥に対応するためカランコエは、

肉厚な葉っぱに水を貯めこみ、

他の植物よりも乾燥に耐えることができます。

 

No.2キンカンソテツ

IMG-2195

花言葉「雄々しい」

巨大なソテツの木が風に揺れる様子から、

「雄々しい」という勇ましさと力強さを

感じさせる花言葉がついたとされています。

IMG-2245

海岸沿いの岩場に自生するソテツは、

日本でも九州南部の南国に自生しています。

置くだけでリゾート感を味わえるので、

お部屋の雰囲気にアクセントを加えたい方は是非ご検討ください。

 

No.3レックスベゴニア

IMG-2200

花言葉「片想い」

この花言葉は、葉の形がゆがんだハート型であることにちなむといわれます。

普段伝えられない想いも植物に乗せてなら贈ることができるかも。

そんな勇気をくれそうな植物です。

IMG-2232

ベルギーの世界遺産「グラン・プラス」で行われる

「フラワーカーペット」というデザインのイベントに

ベゴニアの生花も採用されており、

とても綺麗な花を咲かせるところも魅力の1つです。

 

No.4フィットニア

IMG-2203

花言葉「羨望」

花言葉は、葉の桃紅色や白色の網目模様の

美しさからきているそうです。

品種によって葉脈の色は異なり、

ピンクだけではなく白や赤など、

品種の豊富さからあまり目立たないものもあります。

IMG-2225

風水だと『恋愛運アップ』のご利益がある言われており、

サイズも大きすぎないため、

ギフトにもおすすめの観葉植物です。

 

No.5エスキナンサスラスタ

IMG-2213

花言葉「恥じらい」

恥じらって赤面しているような鮮やかな赤い花色から

この花言葉がつけられたそうです。

花を咲かす可愛い一面も持ちつつ、

花言葉とは裏腹に濃い緑でしっかりした葉は

とてもかっこいい印象を受けます。

IMG-2217

生長するにつれ、長く茎を伸ばしていくエスキナンサスは、

ハンギングや棚の上から飾るのがオススメです。

 

No.6フィカスジャンボリーフ

IMG-2247

花言葉「永久の幸せ」

ゴムの木の1種であり、丈夫で強い生命力を持っています。

花言葉はその強い生命力に由来しています。

IMG-2256

存在感のある葉とダイナミックな枝ぶりは、

ゆったりとしたリラックスできる雰囲気作りだけでなく、

部屋のアクセントとなって、

メリハリが効いたワンランク上の空間にしてくれます。

 

いかがでしたか。

植物図鑑では上記の植物だけではなく、

他にも珍しい植物を沢山展示しております。

普段では中々お目に掛ることができない植物を

是非この機会に店頭でご覧くださいませ。

皆さま、こんにちは。

寒さが厳しい日が続いておりますが、

今週末から寒さが抜け、一気に春に近づくようです。

春と言えば、、、

 

そうです。観葉植物の最盛期です!

unnamed

暖かくなり植物も生長期を迎えます。

新芽が開くのも早くなり、

育てる上で変化が著しいとても楽しい時期です。

 

そんな本日はエアプランツについてご紹介致します。

皆さまはエアプランツをご存知でしょうか。

エアプランツとは土を使わずに育てることが可能な植物です。

そのため、飾り方の幅が広くインテリアグリーンとしてとても人気があります。

IMG-9979

種類も原種だけでも600種類以上もあると言われており、

自分好みの種類が見つかる事間違いなしです!

 

エアプランツが土無しでなぜ育つか疑問に感じた方もいるかと思います。

それの答えは、、

エアプランツには大気中の水分を吸収する機能が備わっているからです!

葉にトリコームという非常に細い繊毛がついており、

そのトリコーム大気中の微かな水分を吸収し、

エアプランツ全体の養分として生長していけるのです。

IMG-9976

しかし、大気中の水分を自ら吸収できるとはいえ

水やりが不要というわけではありません。

 

週に2.3回は全体がびしょびしょに濡れるくらいまで

霧吹きをする必要があります。

また十分に霧吹きの時間が取れない場合は、

月に1.2回程度ソーキング(水に浸す)をすることが必要です。

一回のソーキングはおよそ3-4時間程度です。

水やりの後風通しの良い場所で十分に乾かすこともお忘れなく。。

また霧吹きやソーキングは、

暑い時期は、夕方以降の涼しい時間

寒い時期は、昼間の暖かい時間にすることで

エアプランツの負担を減らせます。

IMG-9967

このようにエアプランツは水が好きな植物です。

しかし霧吹きだけでも十分に生長しますので、

とても育てやすく気軽に始められる植物でもあります。

普通の観葉植物と一緒に飾るのも良し、

エアプランツを組み合わせて飾るのも良し、

本当に様々な飾り方を楽しめることが最大の特徴です。

IMG-9989

当店でも様々なエアプランツを取り扱っております。

飾り方のご提案もさせていただきます。

是非ご自分にぴったりなエアプランツを見つけてみてはいかがでしょうか。

IMG-9970

 

またその他観葉植物のお問い合わせも受け付けております。

気になる点等ございましたら、ご相談にもお乗り致しますので、

是非お問い合わせくださいませ。

皆さま、こんにちは。

厳しい寒さが続いておりますが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

近年観葉植物ブームが到来しており、この時期になると、

寒さに強いかどうか、寒さに強い品種はあるのかどうか、、

というお問合せが激増します。

そこで先週に引き続き今回も、寒さに負けない観葉植物をご紹介させて頂きます!

1.サンスベリア

IMG-9930

まず1つ目は定番の多肉植物サンスベリアです。

植物の中でも種類がとても多く、

ナチュラルで可愛いものから、スタイリッシュでかっこいいものまで、

きっとご自身の好みの品種が見つかるかと思います。

またサンスベリアには空気清浄効果があると言われており、

他の植物にはあまりない珍しい特徴も持っているので、とてもおすすめです。

2.ポトス

IMG-9935

こちらも人気の観葉植物で、葉っぱの垂れるハンギンググリーンのポトスです。

多くの品種を持ち、それぞれが葉っぱの模様に特徴を持っています。

ちなみに写真の品種はポトスマーブルクイーンというもので、

白・緑・黄緑のコントラストで、絵の具を垂らしたような模様が美しいです。

また育つスピードも速く、とても丈夫な為、

最初の観葉植物に選ばれる方が非常に多い観葉植物です。

いつの間にかハンギングが出来る大きさまで生長しているので覚悟ください。

3.アガベ

IMG-9942

3つ目はアガベという多肉の植物です。

かっこいい印象の種類が多いアガベにおいて、

写真のアガベアテナータという種類は、

葉っぱが明るくナチュラルで優しい印象を与えてくれます。

花のように広がり重なっていくシルエットに

心を奪われる方も多いのではないでしょうか。

そんなアガベは非常に寒さに強く、乾燥にも強い丈夫な植物です。

4.シェフレラ

IMG-9926 (1)

4つ目は様々な大きさが多く流通しているシェフレラです。

写真の様な台の上に置けるサイズから、2メートルを超えるものまで、

時期にもよりますが、アクタスでも様々なサイズ展開があります。

また枝の曲がり方も変わった個体が多く、

樹形で選ばれる方も多くいらっしゃいます。

また乾燥にも強く、水やりの頻度が少なくて済むところも魅力的ですね。

以上、今回も4つの植物を紹介させて頂きました!

皆さまのご参考になりましたでしょうか。

まだまだ寒さに強い観葉植物はたくさんあります。

この時期だからと言って観葉植物を諦めるのは勿体ないです!

なにか踏み込めない理由等がございましたら、ぜひご相談ください!

また、植物に関しましてのご相談も随時受け付けております。

何かご不明な点等ございましたら、ご連絡ください。

それでは緑豊かな観葉植物ライフをお楽しみください!!

皆さま、こんにちは。

ただいまアクタス六甲店では、

10月16日(土)~12月5日(日)までの期間中

POP UP『植物図鑑』を開催致しております。

zukan

 

『植物図鑑』では普段アクタスであまり見ることが

できないような色味の植物を多数入荷致しております。

今回は『植物図鑑』で取り扱っております

パッと目を惹く植物たちをご紹介致します。

 

No.1:アグラオネマナイトスパーク

unnamed

ピンク交じりの葉っぱがとても鮮やかです。

綺麗な斑入りの葉っぱはなんとも上品な雰囲気を醸し出しています。

アグラオネマは比較的耐陰性がある植物です。

また白いお花を咲かせることもありますので、

植物好きの方にも初心者の方にもおすすめ且つ育て甲斐のある植物です。

 

No.2:アグラオネマサイマムオーロラ

unnamed

No.1に引き続きアグラオネマのご紹介です。

こちらもピンク交じりの葉っぱが特徴です。

しかしこちらは基本的に葉っぱの淵と葉脈がピンクになります。

No.1のナイトスパークと比べ模様が規則的になっています。

またアグラオネマの中だと珍しい品種で人気者です。

 

No.3:ヒメカゲツ

unnamed

赤く縁取られた黄色い葉っぱ、多肉独特のプリッとした葉っぱ。

葉っぱが何よりも特徴なのがヒメカゲツです。

名前に“姫”が付けられていることも何となく納得です。

また多肉の植物なのでお水やりの頻度も低く

少しズボラな方にもおすすめの品種です。

 

No.4:ミルクブッシュ

unnamed

こちらも多肉植物のミルクブッシュです。

このカクカクしたシルエットが何よりも特徴です。

また日をしっかり当てたり、気温が下がることで

葉先が紅葉することもあります。(当店のミルクブッシュは少し染まっています。)

こちらも多肉植物なのでお水やりに頻度は低めです。

お水のやりすぎには十分に注意が必要です。

 

No.5:シンゴニウムネオン

unnamed

ハート型の葉っぱに淡いピンクとグリーンの組合せが

なんとも可愛らしいシンゴニウムネオン。

大きくなるに連れ、つるが伸び垂れていくので

ハンギンググリーンとしてもおすすめです。

耐陰性がある方ではございますが、日に当てる方が

美しい葉っぱが育っていきます。

 

No.6:ぺぺロミアキト

unnamed

色味が綺麗なこともさることながら、

葉っぱの凹凸感が何とも珍しい植物です。

また葉っぱの手触りも普通の観葉植物とは異なり、

プリッとしており、立体的な点も特徴です。

ぺぺロミアの中でも珍しい品種なので、是非店頭でご覧ください。

 

今回の6種類のご紹介はいかがでしたでしょうか。

気になる観葉植物は見つかりましたか?

 

アクタス六甲店では沢山の観葉植物を取り扱っております。

お客様のご自宅に合う植物をスタッフがご一緒にお選び致します。

お気軽にご相談くださいませ。

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。

 

ただいまアクタス六甲店では、

植物のPOP UP『植物図鑑』が開催されております!

10月16日(土)~12月5日(日)までの開催ですので、

ぜひこの機会にアクタス六甲店にお立ち寄りくださいませ。

 

今回の『植物図鑑』では普段、

アクタスでは見られないような秋らしい色味の植物が多数入荷致しました。

一部ではありますが、今回の『植物図鑑』で入荷した、珍しい植物をご紹介致します!

 

~トラディスカンチア・ブライトスター~

ツユクサ科の植物で、小さく白い花が咲くのが特徴です。

少し大きいので、スタンドと合わせて高さを出して

床置きしていただくのがオススメです!

image0 (1)

トラディスカンチアが好む環境は日当たりの良い場所か、明るさのある日陰を好みます。

耐寒性や耐暑性もある程度ありますので、比較的丈夫な植物とも言われています。

 

また、トラディスカンチアは風水にも良い観葉植物で、

健康運や家庭運を上げてくれると言われています。

ですので、リビングはもちろん、

その他にも「生気を取り入れる場所」でもある玄関などに置くのがオススメです。

image2 (1)

 

~ネオレゲリア・フレンドリア~

パイナップルの仲間であるネオレゲリアは、

熱帯性の爬虫類のビバリウムレイアウトとして好まれます。

その中でも、オレゲリア・フレンドリアのような赤色系の植物は、

日当たりのよい場所に置いておくことで、葉色が鮮やかに、より鮮明な色になります。

 

image4

ネオレゲリアは高温多湿な場所を好みます。

さらに、ネオレゲリアの耐寒性は5℃と、熱帯植物にしては強い植物です。

冬の時期はお部屋が乾燥しがちですが、

なるべく湿度を保ってあげるとより元気に成長してくれます。

 

水やりは、季節によって、少しやり方が変わります。

夏の時期は、ロゼット状に広がった葉の筒状の根本に、水が溜まっている状態にします。

多くの水やりを必要とはしませんので、常に少量の水が溜まっておく状態を保ちましょう。

冬の時期は、水を与えると、今度は水を吸収しないので、

葉っぱに溜まった水が腐ってネオレゲリアが枯れてしまう場合があります。

そのため、葉の生え際に溜まっている水はティッシュで拭き取って、霧吹きなどの葉水に変えましょう。

image5

 

~ルディシアディスカラー~

ルディシアは葉の美しさからジュエルオーキッド(宝石蘭)とも呼ばれる植物です。

葉の表面がビロード状で黒に赤のライン模様が入っているのが特徴で、

キラキラした葉っぱがみずみずしい植物です。

image4 (1)

日当たりは、直射日光の当たらない明るい日陰で育ててあげましょう。

日当たりが強すぎると葉焼けを起こすため、

当てすぎないよう注意してあげましょう。

シンプルな葉の植物と合わせると良いアクセントになってオススメです!

image3 (1)

 

~ベゴニアルッキンググラス~

ベゴニアはシュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草で、

原種の数はなんと2000種以上あります。

乾燥に比較的強いため、水をやりすぎないよう注意が必要です。

日当たりは、半日陰を好むため、直射日光が当たらない場所に置きましょう。

15~25℃の、人が過ごしやすい環境がベゴニアにとっても好ましい気候なので、

できるだけ適温で育てると元気に育ってくれます。

image3

 

image2

葉の表面はシルバーのような色味、葉の裏はオレンジ系の秋らしい色味で、

モダンなお部屋にも合う綺麗な植物です!

image0

 

お客様のお家に合う植物をスタッフが一緒に選ばせていただきますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ぜひ、この機会に、植物に癒されてくださいね!!

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

GREEN

date. 2021/08/27

 

皆さまこんにちは。

さっそくですが、皆さまのご自宅に

観葉植物はありますか?

 

観葉植物はインテリアとして、

ご自宅にお洒落な雰囲気を演出してくれます。

また、ストレス軽減やリラックス効果が

期待できるのも魅力のひとつ◎

 

しかし、枯らさずちゃんと育てられるか不安…という方も

多くいらっしゃるかと思います。

 

そこで本日は、誰でも簡単に育てられる手間いらずの観葉植物のご紹介!

 

【モンステラ】

image4 (8)

切り込みの入った個性的な葉が、

インテリアのアクセントになる人気の観葉植物です。

耐陰性があり、直射日光が苦手なので、

日当たりを気にせず簡単に育てられます。

image0 (34)

リビング・寝室・玄関など、置く場所を選ばないのもポイント◎

 

【サンスベリア】

image3 (10)
 

サンスベリアには、さまざまな種類があります。

乾燥に強く、丈夫で育てやすいので、初心者の方におすすめ◎

また、お部屋の空気をキレイにしてくれる

空気清浄効果の高い観葉植物と言われています。

image1 (15)

デスクに置くだけで、スタイリッシュな雰囲気に!

葉の特徴に合わせて鉢を選ぶと表情が変わります。

 

【ガジュマル】

image5 (6)

冬でも寒さに強いのがガジュマル。

耐寒性があり、室内で育てることで冬を越せます。

気根を出すので水は好みますが、やりすぎには注意。

土が乾いたら、たっぷり水をやることで元気に育ちます。

冬季は水やりの間隔をあけましょう。

 

このように、特徴を理解すれば、

観葉植物は意外と簡単に育てられるのです。

アクタス六甲店では、観葉植物をよりお洒落に飾るため、

鉢カバーも豊富に取り揃えております!

観葉植物の鉢がむき出しだとせっかくの雰囲気が台無しです。

 

観葉植物の育て方やグリーンコーディネートなど、

お気軽にご相談くださいませ。

 

スタッフ一同、ご来店心よりお待ちしております。

 

GREEN

date. 2021/07/30

 

皆さま、こんにちは。

本格的に夏らしくなってきました!

 

ご自宅にグリーンが欲しくなる季節ですね。

今が成長期の観葉植物は、

花が咲いたり、新芽が開いたりと…

季節によって表情を変える姿に癒されます◎

本日は、今の季節にオススメのグリーンのご紹介です。

 

まずはこちら!

green

こちら、すべて『カラテア』の一種になります。

同じ名前で形や模様がこんなにも違うんです!!!

 

■ カラテア・ビューティースター

image7 (1)

■ カラテア・ドッティ

image11

■ カラテア・ランキフォリア

image5 (1)

■ カラテア・オルビフォリア

image10

■ カラテア・トリオスター

image9

■ カラテア・マコヤナ

image6 (2)

種類も非常に多く、葉の色や形などバリエーション豊富です。

そんなカラテアの魅力はなんといっても葉の美しさにあります。

まるで絵に描いたような色彩や模様が目を引きますね。

 

続いてはこちら!

image1 (2)

こちらは、すべて『クロトン』の一種になります。

鮮やかな色合いと個性的な葉の形で、

ご自宅に明るさや爽やかなムードをプラスするとともに、

お洒落な雰囲気も演出してくれます◎

 

■ クロトン・ブッシュアンドファイヤー

image2 (3)

■ クロトン・キンセンコウ

image4 (1)

■ クロトン・サマーキャンドル

image3 (2)

 

他にも、夏にぴったりのグリーン多数入荷しております!

育て方などお気軽にスタッフにお声掛けくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

back
to TOP